「FTokenTokyo」Fコイン シティノード 日本発のテレグラムグループ★コミュニティ型のビジネス組織★

詳細ページ

FTokenTokyoシティノードとは?

こちらはFTokenシティノード計画に基づいて設立し認証された日本発のシティノード「FTokenTokyo」のテレグラムグループです。

FTokenシティノードは、初期ではFToken(FT)保有者をグループ化するものですが、将来的にはFTの独自チェーンであるFractalチェーンと連関し、参加者に様々なメリットが与えられる計画となっています。

2019年5月26日現在、シティノードへの参加条件は「KYC済みかつ10,000FT以上を1ヶ月以上の期間でロックアップ」となっています。

FToken(FT)コミュニティベースガバナンスのトップレベルデザイン仕組みはFTokenトークンエコノミーエコシステムのモデルに基づき、未来3年間で1000万以上のコミュニティエコシステムのユーザーにサービスを提供する目標と合わせて、未来社会での自治型ビジネス組織の構築を目指すものです。コミュニティ委員会はFTokenをFTの保有者全体に共有され、共に管理され、シェアされるコミュニティ型のビジネス組織と定義し、さらに、FTをトークンエコノミー分野の基礎トークン及び核心代表にすることをビジョンとします。

FTokenエコシステムは4つのエコシステムにより構成されています。それは、開発者たちを主体としてのFractalパブリックチェーン·トークンエコノミーエコシステムを基礎のシステムとして、その上で、それぞれに取引者ベースのエコシステム、FOne専有取引ゾーン所有者ベースのエコシステム、国際ユーザーベースのエコシステムを構築します。

FTokenコミュニティの使命は、FT保有者のために価値を生み出せるものです。FTokenコミュニティでは、POW(コミュニティでのワークロードによりインセンティブする)、POS(帆ゆうするトークンの数量により分配する)、DPOS(保有するトークンにより投票と選挙に参加する)という三つのコミュニティインセンティブの合意メカニズムが実装されます。FTの保有者はFTokenコミュニティの所有者です。この上で、完全に新しい招待政策が策定され、FTの保有者が改めてポジション付けられます。具体的には:5,000FTを保有し、ロックアップしたメンバーはFTOkenコミュニティのポケモンになります。50,000FTを保有し、ロックアップしたメンバーはFTokenコミュニティ大使になります。5,000,000万FTを保有し、ロックアップした方がFTokenコミュニティパートナーになります。上記の三つのキャラクターは違う票数を持ち、コミュニティベースのガバナンスに参加します。

コミュニティベースのガバナンスのトップレベルデザインは三つの委員会により、構成されます。それは:機関、顧問たちにより構成されたFTokenコミュニティ顧問委員会はコミュニティ最高顧問機関として、FTokenコミュニティ自治委員会の意思決定に助言します。チームメンバーにより構成されたFTokenコミュニティ監督委員会は最高監督機関として、FTokenコミュニティ自治委員会の意思決定プロセスで機密保持またベースラインへの監督をします。また、FTの保有者により、構成されたFTokenコミュニティ自治委員会は、最高意思決定機関として、コミュニティを代表して、立法権また意思決定権を行使します。

初期のFToken正式委員会は2019年6月でグローバルでの競争選挙によって選び出されます。7月1日に正式に就任します。この前では、初期のFCoinコミュニティ委員会により、過渡期の作業を主導します。推挙により、張健氏が主席として、1票で否定する権利を有します。コンセンサス決議により、Kun Yuan氏が過渡期の常務副主席として、FTokenコミュニティ自治委員会の下部機関の作業を総合協調します。FTokenコミュニティ自治委員会の任期はFCoinコミュニティ委員会と同じ、6ヶ月ごとに一回交替します。選挙に申し込むには、1,000,000及びそれ以上のFTを保有し、6ヶ月間以上ロックアップする必要があります。(申請する方本人の保有数が1,000,000FTにより少なくなっている場合、コミュニティで他のユーザーが連合署名し、合計3,000,000FTをロックアップすることによっても選挙に参加できます)。

FTokenコミュニティ自治委員会の下部機関の中で、2つの総合協調機関が設立されています。それは、FToken組織発展委員会及びFTokenコミュニティ委員会秘書グループです。唐律华委員は主任として、FToken組織発展委員会により、コミュニティでの人材を募集し、ガバナンス機関の効率的な運営を推し進めることを担当します。Deanは発言者として、FTokenコミュニティ委員会秘書グループにより、リソースのコーディネートまたは組織を担当し、さらにコミュニティ委員会またチームとコミュニティの間でオフシャルなコミュニケーションチャンネルを代表します。

FTokenコミュニティ自治委員会の下部機関の中で、4つの特別委員会が設立されています:「巴菲特」が主任としてのFToken提案管理委員会は、コミュニティから提出された提案を審査し、コミュニティでの決議作業を組織します。「六翼天使资本贾继双」委員が主任としてのFOne専有取引ゾーン所有者のサービス委員会は、FOne専有取引ゾーンの所有者たちにサービスを提供し、所有者たちの運営作業を推し進めます。「周安」委員が主任としてのFractalパブリックチェーンのサービス委員会は、パブリックチェーンの開発者たちにサービスを提供し、ノードの事務を担当します。「Frank」委員が主任としてのグローバルのエコシステムサービス委員会はグローバル化する戦略を作成し、グローバルエコシステムでのユーザーにサービスを提供します。

プロのチームを招聘し、または授権、委託して、FTokenコミュニティ委員会の代りに管理·執行させます。その中で:
FCoin取引所の開発及び運営チーム、FCoinオフィシャルなコミュニティ運営チームにより、FCoin取引所の運営を続けます。FOne開発管理チームは、脱離されたFOneの開発業を担当します。Fractalパブリックチェーンの開発及び管理チームにより、パブリックチェーンの運営作業を続け、さらに、協力してFTokenトークンエコノミー研究所がパブリックチェーンの普及作業を指導します。FTokenコミュニティ宣伝委員会はFTokenブランドの宣伝作業の配置を執行します。これからは徐々にFTokenプロジェクトのインキュベーションプラットフォームを実現し、プロジェクトの実行を協力します。また、FTokenコミュニティのチャリティープラットフォームにより、社会に恩返しをします。

FTokenコミュニティでは各特別委員会以外に、グローバル向けに千以上の地方ノード機関を開放する予定です。それにより、FT保有者のグローバルでの自治ノード機関を立ち上げます。5,000FTを保有し、ロックアップした方が50人超えた都市は、都市ノードを立ち上げると申請できます(一つの組織で同じ規模があれば、オンラインのコミュニティ自治ノードを申請することもできます)。コミュニティは都市ノードを中核として、FT保有者のホームを設立し、それにより、FTの保有者にリソースシェア、FTを宣伝するプラットフォームを提供します。

FTokenはガバナンスフレームと分裂するエコシステムを合わせて、「FT保有者のために価値を生み出す」を使命として、FT保有者に共有され、共に管理され、シェアされるコミュニティ型のビジネス組織を構築します。

FTFan YOUさん引用

【関連リンク】
《資料集》
(FTokenコミュニティガバナンスのトップレベルデザイン)
https://www.ftfan.org/forum.php?mod=viewthread&tid=1700
(シティノードの説明)
https://www.ftfan.org/thread-2067-1-1.html

《FTFanノードコミュニティ》
※専用ページを作成していますが、中国語のみサポートのため未活用です。
https://ft.fan/forum.php?mod=forumdisplay&action=list&fid=142&mobile=2

Fコイン登録方法はこちらの記事で詳しく説明しています。↓↓↓

詳細ページ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

テレグラムに登録!!

テレグラム
Fcoin関連サイトリンク
ページ上部へ戻る