Fコイン【FCoin】の全て。世界初のデジタル資産取引プラットフォーム。世界最大級の仮想通貨コミュニティです。

Fコイン【FCoin】の全て。世界初のデジタル資産取引プラットフォーム。世界最大級の仮想通貨コミュニティです。 Fコインとは?仮想通貨 (FToken)FTトークンとは?

Fコインとは元HoubiのCTO(最高技術責任者)のZhang Jian氏(張健氏)が設立した新種の取引所で、業界で初めて取引マイニングと言う仕組みを開発しました。2018年5月24日に取引を開始すると2週間で取引高世界一を達成した事で有名になり、現在では配当型の世界初のコミュニティガバナンスによるデジタル資産取引プラットフォームとしてパイオニア的な存在に成長しました。

FCoinの「F」には、3つの理念が含まれています。1つ⽬は⾦融レベルである取引プラットフォームの機能上でのポジションを表すFinanceです。2つ⽬は未来の⾃治型組織の発展をリードする事を表すFutureです。3つ⽬は未来のトークンエコノミーのインフラストラクチャをサポートするFTパブリックチェーンを意味するFractalである。2018年5⽉24⽇のリリース以来、FCoinはデジタル資産取引プラットフォームの⾰新的な道を⼀貫して歩み、コミュニティベースのガバナンスを深め、トークンエコノミーを実践し続けています。

FCoinの独自のトークン、FT(FToken)FTトークンはFプラットフォームの権益の唯⼀の代表です。「トレーディング・イズ・マイニング」および「プレリリース・アンロック」というメカニズムを通じて、約50億FTの採掘を既に完了しており。FT保有者は、FCoinプラットフォーム所得の80%の配当、コミュニティ投票への参加、コミュニティ委員会メンバーの選挙、また、その他の権利を有しています。FTの権益は、FCoinが共有され、共に管理され、享受されるコミュニティベースのビジネス組織になる基盤であり、FCoinが⾃治型のコミュニティになる基礎です。

2018年5月24日から約1年間、FCoinは取引の効率性、公平性、およびセキュリティを継続的に向上させてきました。同時に、FCoinはFCoin基本法草案(1)の公示、最初のコミュニティ委員会の設⽴、最初のコミュニティパートナーの募集、FTパブリックチェーンの開発など᯿要な時期を経験しました。その中で、FTパブリックチェーンはFCoin Teamが主導し開発されたトークンエコノミーの実践をサポートし、トークンエコノミーのインフラを構築するためのパブリックチェーンです。2019年6⽉、FTはEthereumパブリックチェーンからFTパブリックチェーンに移⾏し、FTパブリックチェーン初のチェーンに載る資産となります。

コミュニティガバナンスによるデジタル資産取引プラットフォームを構築するというFCoinの⽬標は着実に実現しつつあります。
FCoinは仮想通貨のプラットフォームにおいて世界最先端を走っている事は間違いないでしょう。まだ知らない人はその目で本物のトークンエコノミーを確かめてください。

※ホワイトペーパー一部引用

 

Fコイン 主要なサービス 
現物取引 取引ペア 45種以上 取引ペア 案内ページ リンク
マイニング 複数の多種多様な種類があります。 リンク
レバレッジ取引 レバレッジ関連 案内ページ リンク
理財口座 (預金がしたい、利息がほしい) リンク
FTトークン ロックアップ機能 (配当がほしい) リンク
FMEX 先物取引 FMEX 案内ページ リンク

※トレード画面

Fone内部

ページ上部へ戻る