ネム【NEM】XEM・アルトコイン・仮想通貨・特徴や将来性・最新ニュース

NEM(ネム)

ネムとは

表記 XEM(ゼム)
発行量上限 8.999.999.999XEM

2015年3月

NEW
ECONOMY
MOVEMENT
の頭文字から、NEMという名前が付けられました。
新しい経済経済圏を創り出すことを目標とした、画期的な仮想通貨のプロジェクトになります。
Zaif運営元テックビューロ株式会社のブロックチェーン構築プラットフォーム 、
mijinの日本人がNEMの技術開発に関わっています。
日本人が開発に関わっていると知ると安心感がありますね。

決済手段や、イーサリアムで実装されている契約(スマートコントラクト)にも適しています。

2018年、NEMの処理能力が上がるCatapult(カタパルト)実装という大型アップデートがあります。

技術や機能向上など、
1秒間に4000件の取引処理を行うことができるようになります。
例 ビットコイン 1秒間に7件、リップル 1秒間に1000件になります。
とても早い処理速度になりますね!

NEMのハーベスティング(収穫)や、
プルーフ オブ インポータンス (Proof of importance)の仕組みについて

NEMのアルゴリズムに、
プルーフとは証明
インポータンスとは重要性という概念が設定されています。
略してPolと言います。
ネットワーク貢献度を重視すると言う意味です。
NEMにはマイニングというシステムはありませんので、
NEMの保有量、取引回数に応じて、取引手数料として定期的にNEMが自分のウォレットに支払われる仕組みがあります。
これをハーベスティング(収穫)と言います。

10.00NEM以上を保有している方であれば誰でも参加することが可能です。

ハーべスティングやPolの内容を知ると、
金銭的な自由、平等な機会、
NEMのプロジェクトに反映されていてとても魅力的ですね!

今後カタパルトが実装されるというアナウンスがありますので、処理能力が上がれば、
日常的に使える決済手段として、他の通貨より優れているのではないかと思います!
今後のNEMの上昇に期待したいですね!

NEMは日本人にも大人気なのでコミュニティにもとても優れています^ – ^
渋谷にあるオシャレな
nembarに是非行ってみたいですね!

NEMを入手する為には
取引所や販売所を利用する必要があります。

海外の取引所
手数料が安い、
NEMはBinance(バイナンス)に2018年3月20日上場しました!
日本語にも対応していてとてもわかりやすいです!

BINANCE(バイナンス)公式サイトの登録方法と利用方法を日本語解説で確認したい方はこちら↓↓↓↓

BINANCE(バイナンス)公式サイトに直接ログインしたい方はこちら↓↓↓↓

海外取引所に口座開設した場合
入金方法が日本の取引所で保有しているビットコインや
その他のアルトコインをご自身の国内口座から自身の海外口座に送金しなければ
なりません。国内の取引所に口座がない方ははまず国内口座を開設しましょう。

日本のNEM(ネム)取り扱い取引所
Zaif (ザイフ)
DMM (ディーエムエム)
coincheck(コインチェック)。

Zaif ザイフ

口座開設手数料無料 コイン積立サービスなど他にないサービスが色々!

coincheck コインチェック

アプリの使いやすさNo1!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CoinMarketCap 仮想通貨 時価総額

詳細ページ

まず選ぼう!仮想通貨取引所ランキング!

仮想通貨始めるなら安心・安全な取引所を探そう

世界最大! No1取引所 登録方法はこちら

詳細ページ

人気も取引高も世界1位!配当型取引所!

配当型取引所を始めるなら安心・安全な取引所で

CPトークン保有で配当が貰える取引所!

詳細ページ

無料で!独自トークンが貰える取引所!

詳細ページ

安心の暗号通貨ハードウェアウォレット!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Twitter でフォロー

カテゴリー

ページ上部へ戻る