日本国政府はG20で仮想通貨の資金洗浄(マネーロンダリング)対策強化を提案。

日本はG20各国にマネーロンダリング(資金洗浄)の為に
暗号化の使用を防止する為の
措置を促すように協力を求めていく方針を発表しました!

金融暗号取引が銀行のシステムにどのように影響を与えるかではなく、マネーロンダリング対策と消費者保護に焦点をあてると関係者は述べたようです。

20各国の主要経済グループの財務大臣と中央銀行は
3月19日〜20日、
ブエノスアイレスで会合を開き、クリプトカルトが議題になるように話し合いがあります。

不法資金と戦う為にG7産業界によって設立された、
37各国グループである
金融活動タスクフォース(FATF)は暗号化された通貨がマネーロンダリングに使用されないようにする方法をG20に報告します。

日本の政策立安者はG20諸国の間でこのような措置が必要であるという共通の合意がある一方で、一部の国では規制緩和があり、マネーロンダリングの抜け道が残っていると懸念している。
フランスとドイツは、
ビットコイン暗号化市場を規制する共同提案を行うと述べました。
今回の案に合意する方針のようです。

欧州連合(EU)は、
短期的な戦略はマネーロンダリング対策やテロ資金対策のルール適用、
消費者への暗号通貨取引分野でのイノベーションを抑制することなく、消費者を保護し、
不正行為を防止するための規制を適用することだと語ったようです。

全参加国からの合意が得られる可能性は低いですが、
その中でも日本は暗号交換取引を監督する国家制度を導入した最初の国でもあります。
色々な不安がまだまだありますが、日本の暗号通貨に対しての取り組みには安心できるものがあります。

世界中の国々で暗号通貨に対して話し合い、
安全で安心できる取り組みができるようにこれからも期待したいですね!

G20【ジートゥエンティ】とは、
“Group of Twenty”の略で、主要国首脳会議(G7)に参加する7か国、ロシア、EU、
および新興国11か国の計20か国・地域からなるグループです。

アメリカ
中国
日本
ロシア
インド
EU
韓国
サウジアラビア
トルコ
イギリス
南アフリカ
ドイツ
カナダ
フランス
オーストラリア
イタリア
アルゼンチン
ブラジル
メキシコ
インドネシア

定期的に首脳会合(G20サミット)や財務大臣・中央銀行総裁会議が開催されています。
主に世界経済の安定のために金融問題について協議される場です。

開催国は登録国の中でおこなわれます
日本ではまだ日付未定ですが
2019年に福岡がG20サミット開催地となる予定です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まず選ぼう!仮想通貨取引所ランキング!

仮想通貨始めるなら安心・安全な取引所を探そう

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

バイナンス ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

安心の暗号通貨ハードウェアウォレット!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Twitter でフォロー

カテゴリー

ページ上部へ戻る