リップル【Ripple】XRP・アルトコイン・仮想通貨・特徴や将来性・最新ニュース

Ripple (リップル)

リップル社という会社が発行している

表記 XRP
発行量上限 1000億リップル
発行日 2013年11月

仮想通貨としては国際送金を簡単に、早く、低コストで行う事を目的としている。

︎取引の高速性
リップル 4秒
イーサリアム 2分
ビットコイン 1時間以上
従来のシステム 3日〜5日

︎1秒あたりに処理できる回数の多さ

︎取引コストの安さ
有能な送金システムともいえる。

多くの金融機関と提携を続けており、日本の三菱東京UFJ、
三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、りそな銀行を含む大手金融機関がRippleの採用を表明しています。

Ripple社とSBIグループが共同で設立したSBI Ripple Asiaという会社の技術提携で実現しました。
韓国の大手銀行と提携し、
2017年12月15日から送金実証実験をスタートしました。

Rippleの利用が世界中で拡大すれば仮想通貨XRPの価格も上昇すると考えられます。
グローバルに普及していくと予測されていますので
今後Rippleの動向には目が離せません。

Ripple/リップル社。公式サイト

XRPを入手する為には
取引所や販売所を利用する必要があります。

リップル取り扱いの取引所はこちらがお勧め!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まず選ぼう!仮想通貨取引所ランキング!

仮想通貨始めるなら安心・安全な取引所を探そう

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

バイナンス ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

安心の暗号通貨ハードウェアウォレット!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Twitter でフォロー

カテゴリー

ページ上部へ戻る