ネオ【neo】NEO・アルトコイン・仮想通貨・特徴や将来性・最新ニュース

NEO(ネオ)

ネオとは
表記 NEO
発行量上限 1億NEO
発行日 2016年10月

旧Antshares (アントシェアーズ ANS)という通貨名から
リプランディング(再構築、再定義)してから
2017年6月NEOに通貨名を変更しました!

NEOの特徴

NEOとは中国初の仮想通貨で中国版のイーサリアム
(Ethereum)と呼ばれています。

中国初、オープンソースブロックチェーンプロジェクトを採用した通貨です。
オープンソースとは
誰でも見ることができたり、
誰でも手を加えることができたりします。

NEOのプラットホームには
イーサリアム同様にスマートコントラクト技術(ブロックチェーン内に契約を自動化)ができる機能を搭載をしている。

ブロック認識システムにDBFTを採用(ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム)

多くのプログラミング言語を採用

処理速度の速さ
1秒間に約1000取引

スマートファンド

知的財産取引

ソーシャルネットワーキング

NEOのGASというトークン
最大供給量 1億GAS

特定のウォレットにNEOを持っていると、NEO GASが自動的に付与される仕組みです。
☆ボーナス的なトークン

GASはNEOブロック生成時、
同時に生成され
マイニングの報酬、ネットワーク管理にNEOを使用する時にも使われます。

NEOの発行量上限は1億NEOですが、その半分にあたる
5000万NEOをNEO協議会が
保有しています。
DBFTを正しく作動させる為に運営側が対策をしています。

2017年11月
マイクロソフトと提携しています。

NEOのDNAを引き継いだ
レッドパルス(RPX)
とても気になりますね!
また後日詳細をアップしたいと思います!

NEOはプラットホームそのものを指し、理念として独自の技術を活かして将来的に誰でも快適にNEOで生活ができるような経済圏を目指しているので、
世界中から注目されている仮想通貨に成長しています!
NEOをベースにしたICO(
トークンと呼ばれる仮想通貨を発行し、それを販売することで開発費や研究費を調達する方法です)やブロックチェーン技術を使ったプロジェクトが発足する時にNEOが使われる可能性もあるかと思います。
中国での人気がとても根強いので、
今後の将来性が楽しみな通貨ですね!

国内の大手取引所では現在取り扱いがありませんが、
購入するには
Binace (バイナンス)
Bitttrex(ビットレックス)

などの海外取引所から購入する必要があります。
バイナンスは日本語対応でとても使いやすいです。
今後も様々な取引所で上場を続けそうです。
日本でも購入が可能になる日も近いかもしれないので、楽しみですね!

NEO(ネオ)取り扱いの取引所はこちらがお勧め!! 
↓↓↓↓↓↓↓↓

バイナンス ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まず選ぼう!仮想通貨取引所ランキング!

仮想通貨始めるなら安心・安全な取引所を探そう

BINANCE(バイナンス)公式サイトはこちら

バイナンス ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

安心の暗号通貨ハードウェアウォレット!

Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン 【日本語サポート】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Twitter でフォロー

カテゴリー

ページ上部へ戻る